機能

ホーム >> リスク管理機能

リスク管理機能


電子カルテのレポート確認漏れ防止機能

病理レポートに「結果確認」ボタンを設け、結果確認の状況を病理部で把握できます。
※診断・所見文の文字装飾で、強調したいポイントが、臨床医に対し正確にハッキリと伝わります。
※一覧には、悪性腫瘍・良性腫瘍・上皮内癌のレコードにマークが付きます。
※電子カルテと連携すれば、臨床医に未確認のレポートを意識させることができます。

検体取り違い防止機能

カセットと標本ラベルの2次元バーコードを照合して、検体の取り違えを防ぎます。

ダブルチェック・トリプルチェック機能

診断者別の診断内容の把握により、ダブルチェック、トリプルチェックが可能です。
診断医は、全ての技師診断を参照しながら、最終診断を入力できます。

診断登録時(臨床報告前)の注意喚起機能

診断登録時に、受付臓器と診断文の臓器の相違点等を発見し、誤った報告をしないように注意を促します。

作業進捗状況の管理機能

診断に至るまでの各工程の進捗状況を一覧で把握できます。

切出し時の検体チェック機能

切出し処理におけるブロック情報入力時に、オーダー番号と患者IDの入力を促し、取り違いを防止します。

報告漏れ防止機能

未診断一覧で、仮登録状態(未診断)の病理番号のマークアップや、一定期間を超えた未診断の病理番号を色分けし、報告の漏れを防止します。

サポート窓口

お電話でのお問い合わせ

082-503-3790

(対応:平日8:30~18:00)

ホームページからのお問い合わせ

メールにてお問い合わせください
(3営業日以内に回答します)

空メール送信

メールソフトが起動しないお客さまは、
こちらに空メールを送信してください